健診で働いている看護師が活かせる資格

→看護師求人サイトランキングはコチラ

ほかの病院の求人と一緒で、健診看護師として健診センターから採用されるためには、採用する側に皆さんのことを使いたいと思わせることが大事です。そのためにほかの応募者にはないセールスポイントを持っておくべきです。たとえば、看護師以外の健診をするにあたって有効な資格を取得すれば、それがアピール材料になります。では健診看護師として採用されるのに有利に働く資格として、どのようなものがあるでしょうか?看護師に関連する資格の中で、保健師の資格があると健診センターの採用試験で評価される可能性は高いです。

健診看護師の業務内容は、基本的に健診項目の中に含まれる各種検査の実施や介助です。そして健診は検査をして検査結果を見て、今後病気にならないために日常生活の中で気を付けるべきことに関して医者などから指導を行います。このような日常生活における注意点をアドバイスする業務のことを、保健指導といいます。保健師の資格を取得すれば、この保健指導が行えるわけです。看護師の資格だけしかない人と比較すれば、より広範囲の業務を担当できるので健診センターとしてみても重宝する人材と評価されます。このため、保健師資格を持っている看護師は採用される可能性が高くなるわけです。

また保健師の資格を持った看護師は、待遇もよくなる期待が持てます。健診センターの中には、保健師資格を持っている看護師を対象にして資格手当をつけている所もあります。通常の給料に数万円の上乗せをしている所もありますので、高給で健診看護師の仕事ができる可能性も十分にあります。保健師の資格を取得すれば、健診センターの他にも保健所や企業保健師など、ほかのフィールドで活躍できる可能性も高まります。今後のキャリアパスの選択肢をできるだけ多く残しておきたいと考えるのであれば、健診センター対策だけでなく保健師の資格を持つのは意味のあることです。

保健師の資格があれば、履歴書の資格欄の所に記入できます。健診センターに応募している看護師の中で、保健師の資格を持っている人はそれほど多くはありません。その意味ではライバルから一歩抜きんでた存在になれます。面接試験でも保健師の資格を持っていることを積極的にアピールして、採用を手元に手繰り寄せることです。アピールのやり方がわからないというのであれば、転職エージェントでキャリアコンサルタントの指導を受けるべきです。面接や履歴書対策のプロなので、効果的なアピール方法を教えてくれます。

資格が活かせる健診専門の看護師求人を探す!

対応エリア 全国
料金 無料
会社名 株式会社リクルートメディカルキャリア
対応エリア 全国
料金 無料
会社名 株式会社マイナビ
対応エリア 全国
料金 無料
会社名 ディップ株式会社