健診で働いている看護師の仕事内容

→看護師求人サイトランキングはコチラ

健診看護師の仕事内容は、健診センターによって多少変わってきます。しかし一般的には、まず健診のサポートがあります。健診の項目によっては、看護師が直接検査の担当をするケースも考えられます。特に採血や採尿などに関しては、健診看護師が担当するとしている職場も多いです。その他にも視力検査や聴力検査を任される案件もありますので、どこまでが看護師の業務範囲に含まれるのかを事前に確認しておくべきです。内視鏡検査のような専門性の高い項目も、検査技師の介助が求められるケースもありますし、心電図も看護師に任せているような事業所もあります。

その他には参加者に対して、問診を行うのですが医者ではなく看護師が問診の担当をするケースも多いです。実際に検査をする前に、飲酒や喫煙といった生活習慣に関する質問をして答えてもらいます。その情報をメモして、医者に情報をあげます。問診の結果も検査結果を評価するときに重要な判断材料の一つになります。そこで医者との意思疎通がうまく取れるように、コミュニケーションが要求される仕事だと思ってください。

健診センターの規模の小さな所や巡回方式で職場や学校を訪問して健診するスタイルの場合、事務担当のスタッフがいません。そこで看護師が事務の業務も兼任する可能性も十分あります。この場合、これから行う検査内容や注意事項に関して説明をする必要があります。また健診を受ける人たちを効率的に誘導するのも、看護師の役割となります。原則として健診時間はあらかじめ決まっていて、その時間内にすべての人の健康診断を終えないといけません。特に巡回方式の場合、1日に数件回るケースもあって、時間がかかってしまうと後に控える健診に影響が出てしまいます。事務作業を行うときには、何を優先してこなすべきかを判断して、テキパキと目の前にある仕事をこなしていかないといけません。

健診看護師を初めて担当する人の中には、病院やクリニックの看護師の業務と違うので戸惑いを最初の内は覚える人も多いです。そこで健診センターの中には、就職後に研修を行って職場のやり方に慣れてもらうという方式をとっている所も多いです。しかし一部健診を行っている事業所の中には、きちんとした研修を行わずにいきなり現場に派遣するような所もあります。研修を事前に行ってくれる所なのかどうか、看護師専門の転職エージェント会社に登録してキャリアコンサルタントに確認をとるべきです。

健診専門の看護師求人を探すならココがオススメ!

対応エリア 全国
料金 無料
会社名 株式会社リクルートメディカルキャリア
対応エリア 全国
料金 無料
会社名 株式会社マイナビ
対応エリア 全国
料金 無料
会社名 ディップ株式会社